債務を整理すると、結婚の際に影響があるかもしれな

債務を整理すると、結婚の際に影響があるかもしれないと思っている人がいますが、債務整理なしに、多額の借金が残っているほうが問題です。
債務整理をしたために結婚に及ぼすデメリットとして考えられるのは、我が家を建てたい場合、債務整理後、7年の間は住宅ローンが組めない事です。

7年以上間をとればローンを組むことが可能になります。

債務整理には再和解というのが存在します。

再和解というのは、任意整理後に、また交渉して和解にいたることです。これは可能な時と出来ないパターンがあるので、可能か不可能かは弁護士に相談後に決めましょう。
債務整理をすると、借金地獄からは解放されるものの、クレジットカードや金融機関のローンの審査に落ちやすくなるなどの問題もあります。

さて、ここで知りたいのは債務整理後でも問題なくアパートやマンションが借りられるのかどうかでしょう。
結果的に、ブラックでもOKのところとNGのところ、両方あるようです。選択の幅は少し狭まってしまうとはいえ、どこかで借りられることは確実ですから、不安に思わなくても大丈夫でしょう。

個人再生を行おうとしても、認可されないケースが実在します。
個人再生をするには、返済計画案を出す必要がありますが、裁判所でこれが認められないと認めてもらえません。自然な事ですが、認可されないと、個人再生は不可能です。
クレジットカードはとても便利なものですが、計画的に使わなければ、月々の返済が苦しくなると思います。

もし、一括払いができなくなると、リボ払いに変更するしかありません。

ですが、この返済方法でも支払いが滞ることも少なくありません。常に返済のことを考えなければならなくなると、気持ちの余裕もなくなり、日常的な生活が困難になりますから、弁護士などに債務整理を依頼し、できる範囲で返済することをおススメします。

どういった債務整理であれ、結果が出せるまでは相応の時間がかかるものだと理解しておいてください。

これから任意整理をすると仮定しても、最初に弁護士等に依頼して最終的な結果(和解、免責決定など)に至るプロセスとしては、3か月ほどかかるのが普通で、半年以上かかるなんてことも時にはあります。債務整理に着手すると、解決するまでは取立てや連絡行為全般が禁止されていますが、訴訟を起こしてくる債権者もいます。司法書士や弁護士といった人に債務整理を相談しても拒否される場合があります。普段、債務整理以外の用件(企業法務など)を専門としている事務所や、あるいは自己破産ならそこに至った原因がもとで免責決定が得られそうにないときなどが考えられます。経験や専門を理由に断られた際は、無理強いしても良い結果は出ませんので、債務整理に詳しい弁護士事務所などにあたることをお勧めします。

最近ではインターネットで時間を気にせず検索できます。債務整理をすると本人はブラックリストに登録されますが、家族に悪影響が出ることはありません。

借金を債務整理で処分した人が身内にいようと、制約がかかるのは本人だけですので、家族はそのまま借入やクレジットカードの利用を続けることもできます。でも、この限りではないケースがあります。

仮に借金の保証人が家族の名義になっているのならば、その家族が本人の債務を負うことになるため、注意が必要です。

About the Author