他の全ての債務整理の方法と同じく、自分

他の全ての債務整理の方法と同じく、自分で過払い金返還請求をする事は可能です。この時、第一に取引履歴の開示を請求するのですが、もしかするとその際にゼロ和解の申し出をされるかもしれません。

というのは、残債をゼロにして決着しませんかというオファーです。了承するとしても、取引履歴の開示前なら一体どの程度の過払い金があるのか知るチャンスを逃します。軽はずみにゼロ和解をすると損が出てくることも考えられます。

せっかく債務整理を依頼しても、弁護士(司法書士)の仕事に進捗が見られず、作業依頼をやめたいと思ったときは、よく契約でいう「解約」の代わりに「解任」の手続きが不可欠です。それを省いてほかの弁護士等と委任契約してしまうと、介入通知を債権者に二度送付することになり、揉める原因にもなります。弁護士との古い契約のほうは解任手続きをとり、それからほかのところに依頼してください。

一般に債務整理というのは結果を出すまでにどうしても時間がかかるものです。債務整理の一種である任意整理の場合は、弁護士や司法書士といった専門家に手続きを委任して債務整理の処理を始めると、減額の折り合いがつくまでには、最低でも2か月ほどは必要で、場合によって半年かそれ以上かかることもあります。本来、こうした手続きをしている間は、借入先側は催促や連絡を一切することができないのですが、差押えなどを求めた訴訟を起こす貸金業者などもいるようです。
借金の返済ができなくなった場合に、借金をしている人は、弁護士を通して債権者と一緒に話して返す金額を調整します。

これが任意整理と呼ばれるものですが、任意整理を実施する時に、銀行口座が凍結されてしまうことがあります。
銀行口座にお金がまだ残っている場合は債権者に返済すべきお金として取られてしまうので、そうなる前に引き出しておきましょう。返済に行き詰まり弁護士に支払う着手金ですら払えない状態になっても、任意整理や個人再生などといった債務整理を依頼することは可能です。一般的には着手金に代わるものとして手付を持って行き(あとで着手金に充当します)、本来の着手金との差額は、介入通知を送付してからローンの返済が一時的にない期間を利用して毎月積立をして、諸経費や成功報酬などと共に最後に清算するのです。
いわば支払いを事前に分割払いする感じです。
ごく一部の例外を除き、債務整理では大抵、こうした積立方式を提案されるようです。
複数の金融機関からの借入や複数のカードで融資を受けていると月々に返済する金額が大きくなって経済的な足かせになってしまう場合に債務整理で融資をすべてすべてを集めて一本化することで月々の返済額をかなり減少することができるという大幅なメリットがあるでしょう。

私は多数の消費者金融からお金を借りていたのですが、返せなくなって、債務整理をせざるを得なくなりました。

債務整理にも様々な方法があって、私が利用したのは自己破産という方法だったのです。自己破産した後は借金がなくなり、気持ちが楽になりました。

普通、債務整理の際には専門家に依頼すると思いますが、無料でできるわけではありません。

返済が行き詰ったから依頼したいのに、どうしてお金を取られるのかと不快な気持ちになる人も多いのですが、仕方のないことでしょう。しかし、そのあたりの事情は相手も分かってくれますので、支払は分割や後払いでも可能な事務所も少なくありません。
あまり悲観的にならず、まずは問い合わせてみてください。
結婚や離婚が元で名字が変わった場合に、かつて行った債務整理の記録も仕切り直しになるなんて事は起こりません。カードを申し込むとき旧姓記入欄があっても何も特別な事ではないですし、氏名以外の情報も本人確認に用いられます。たとえ審査に通過できたところで、後日になって債務整理の記録がわかったら最後、カードの利用停止やカードの返却要請といった措置になる事も大いにありえます。

債務整理の方法に任意整理を選んだ場合は、返済時に延滞金や将来利息のカットを受ける事ができます。

けれども、元金のカットも要求するとなれば、そう簡単ではありません。交渉力の優れた弁護士や司法書士が担当についていれば減額の可能性も無きにしも非ずですが、元金の減額をよしとすれば債権者にとって損になるのは間違いないので、滅多な事では受け入れられません。
借金問題を解決する第一歩

About the Author